Starter Edition でメモ帳クローンを作る - 2nd Edition -


begin { はじめに

これは Delphi Advent Calendar 2017 15 日目の記事です。

前回、初心者向けチュートリアルとして Delphi Starter Edition でメモ帳クローンを作るというのをやりましたが、その続きとなります。

残りの機能

長くなってしまったので機能毎に分割しました。上から順番に読む事をオススメします。

おわりに } end.

今回の記事は「詳細を書く気がないんだな?」というのを途中から感じ取って頂けたかと思いますが、その通りです (w

メモ帳のように簡単だと思えるものですら一定の量のコードを書かなくてはならないのは避けられず、その実装のための Windows に対する知識もある程度は必要です。メモ帳クローンを作るために必要なすべての情報を説明していたらアドベントカレンダーを一人ですべて埋めてしまいそうですし、残念ながらそれを書く時間もありませんでした。

それでも、それなりに動作するコードを公開しておけば初心者向けの取っ掛かりにはなるのではないかと思い、駆け足で恐縮ですが記事にしてみました...誰かの役に立つのなら幸いです。

ZIP でプリーズ

ここまでのソースコード一式は以下から DL 可能です。

えっと...

Delphi 10.2.2 がリリースされています。Starter Edition でももちろん 10.2.2 へアップデートできます。

え? begin~end. の後に何か書いたように見えるですって?あぁ、右上のリスト (インデックス) の件ですね。Delphi ではユニットに書かれた end. の後は無視されるんです。だから好きに書いていいんですよ。僕はワークや、ちょっと込み入った備忘録を書くのによく利用しています。

え?「W1011 ワーニングが出るじゃないか!」ですって?そんな時は end. の直前あたりにこう書いておきましょう。

{$WARN GARBAGE OFF}

これで end. 以降に何を書いても文句を言われません!

  ...

{$WARN GARBAGE OFF} // <-- 追加
end.

自由に使える!

プロジェクトオプション ([プロジェクト | オプション] -> [ビルド ▶ Delphi コンパイラ ▶ ヒントと警告]) で消す事も可能です。

See Also: