How to start project

1930 ワード

#Flow


working directory → staging area → localrepo →remote repo
追加→コミット→プッシュ・プロシージャ
staging area:コミットしたい変更のみをアップロードします.プッシュ前待機場所感覚

#プロジェクトの開始方法


1.コピー


git cloneアドレス(github上のリポジトリアドレス)
git status:gitでステータスをチェックする
  • ex)コミット時に段階的な変更は行われませんでした.段階的な領域には行われていない変更があります.→add command
  • を使用
    staging areaにアップロードする方法:git addファイル名
    「origin」というリモートrepoの自動登録
    git remote:原点に出力
    git remote-v:詳細アドレス

    #Commit

  • テーマ最も重要な
  • タイトルはEnter 2(フビライ)
    コンテンツには固定されたフォーマットがありません.(文章の形式は悪くないし、報告の形式も悪くない)
    Commitの内容を記述し、良好な可読性を有しなければならない.ex)スペース、大文字と小文字の確認
    完了後git status検証を使用
  • githubへのアップロード方法
  • git push origin main(originは別名で任意に変更可能)
  • 作業ユニットが分離された理由を理解します.
  • 私はどの職場で仕事を提出しますか.
  • But、アクティブな単位でなければなりません.すなわち,意味単位で切り取る.
  • メッセージ状態では、タイトルが最も重要である.(50文字以内)

  • git commit-m「伝えるメッセージ」
    → staging area의 파일들을 commit 함
    
    → -m은 commit message option
    
    → 웬만해서는 사용하지 않고 직접 들어가서 작성하는 습관을 들이자

    ★Prefix ★


    featfeatures機能開発、実装に関連するdocsdocumentationsドキュメント操作に関連するconfconfigurationsプリファレンスパラメータに関連するtestTest関連fixbug-fix機能の故障/エラー修正.CIContinuous IntegrationContinuous Integration関連(時間節約)BuildBuild Build Build Build Build Build Buildバージョン関連
  • 2. Git init


  • クローンとは反対
  • git init→local start→リモートドラッグ
  • 宣言が必要です.位置を確認してください.
  • の宣言をキャンセルします.git
  • を削除

  • git initを使用してstaging area、localrepoを作成します.But,リモートrepoは作成しない→githubとgitbucketなどの位置接続

  • リモートrepoの追加
  • gitリモート追加<名前><アドレス>

  • Branch
  • は独立したワークスペース
  • です.
  • 初期Git初期化時にデフォルトで「マスター」というブランチが作成されます.(main branch)
  • 変更
  • ブランチ名:ex)master→main:git branch-M main
  • git push -u
  • #CloneとGit initの違い
  • Clone:リモートからコピーしてインポートします.コピーした状態は同じです.
  • Git init:顔と名前は同じですが、お互いに連絡がありません.接続するために「-u」を使う