Zabbixカスタムテンプレートおよびアプリケーション


説明:企業のビジネス内容に応じて適切なテンプレートをカスタマイズし、すべてのホストがこの定義テンプレートを使用することで、管理が容易になります.
1、まず個人テンプレートを作成する
配置------模版------模版を作成します(名前は勝手です.でも、私がくれた名前、ホスト名+監視のサービス+状態など、簡単に認識したほうがいいです)
dep5_httpd_status
2、モニタ定義KEYとスクリプト
#vim /usr/local/zabbix/alertscripts/httpd_status.sh#!/bin/bash
aa=`/etc/init.d/httpd status |grep "pid" |wc -l`    #  htttp        1,  1    echo $aa
# chownzabbix:zabbix–R /usr/local/zabbix/scripts

3、監空でKEYの使用を定義する
#[[email protected] bin]# cat /usr/local/zabbix/etc/zabbix_agentd.conf|grep UserParameter
#    Does not support UserParameters or aliases.
### Option: UnsafeUserParameters
# UnsafeUserParameters=0UnsafeUserParameters=1### Option: UserParameter
#    Format: UserParameter=,
# UserParameter=
UserParameter=check.http.serivces,/usr/local/zabbix/alertscripts/httpd_status.sh

#key値はcheck.http. Servicesアプリケーションスクリプトは、/usr/local/zabbix/scripts/http.sh
#構文:UserParameter=KEY、スクリプトまたはコマンドのいずれでも構いません.以上の適用はスクリプトです.
4、被監視側のagentサービスを再起動する
service zabbix_agentd restart

5、メインZabbixサーバーコマンドテストに戻る
[[email protected] zabbix]# service httpd status
httpd
# httpd , 0,
[[email protected] zabbix]# /usr/local/zabbix/bin/zabbix_get -s 192.168.1.5 -p 10050 -k "check.http.serivces"
0

戻り値が間違っている場合はagetnが監視されている側でzabbixユーザーを切り替えてこのスクリプトを実行し、どこが問題なのかを確認します.
例えばsu-zabbix
[email protected] scripts]$/etc/init.d/httpd status
httpdは死んだがsubsysはロックされている
解決:モニタ側agentでapacheグループをzabbixに追加
usermod–G apache zabbix
6、WEBインタフェースに戻って自分で定義したテンプレートに応用セットを追加する
構成------テンプレート------前に作成したテンプレート(server_httpd_statusを監視するなど)-----アプリケーションセットをクリック------
------名前を入力します(ここでは:Httpサービスを監視しています)
7、アプリケーションセットに監視項目を追加する
構成------テンプレート------前に作成したテンプレート(例えばserver_httpd_statusを監視する)------モニタ項目をクリック---右上にモニタ香り項目を作成
Httpサービスステータスの確認
キー値は次のとおりです.
[[email protected] zabbix]#  /usr/local/zabbix/etc/zabbix_agentd.conf| alertscripts
UserParameter=check.http.serivces,/usr/local/zabbix/alertscripts/httpd_status.

 
表示値:server status(値マッピングをクリック可能=)
≪適用セット|Apply Set|ldap≫:前に作成した適用セットです.
8、プロジェクトにトリガ警報器を追加する
構成------テンプレート------前に作成したテンプレート(たとえばserver_httpd_statusを監視する)------モニタ項目をクリック---右上にトリガを作成
(1)作成開始
(2)項目値の定義
名前は任意で、それからクリックして追加します
7.9、ホストdep 5にカスタムテンプレートを追加する
設定------ホスト------監視するホスト(server_dep 5)------クリック
(1)カスタムテンプレートの追加
違いがわかりました.dep 5はmini 10のアプリケーションセット、モニタ項目、トリガより1多いです.
(2)、カスタムテンプレートが成功したことを確認する
^_^- - 、、、、、、、半成功
あ、サポートされていないitem key、..、監視項目を定義する上で問題があったはずですが............