VSCode + Vetur で Typescript の Paths が解決できない。


参照エラーとともにVetur(xxxx)が発生

過去に動いていたのに環境を変更したら、

Vetur(2339)
Vetur(2306)
Vetur(2307) …etc

が発生するようになった。※インテリセンスが効かない

Git-hubのIssueで議論されていますが、
解決部分を見つけるのが大変なので、
よくありそうな解決方法をまとめました。
https://github.com/vuejs/vetur/issues/762

1.tsconfig.json を 確認する。

パスの設定がされていること。

    "paths": {
      "@/*": [
        "src/*"
      ]

2.ファイルの拡張子が「.vue」になっていることを確認する。

単一ファイルコンポーネントで構成する際は、.vueとする必要があります。
(単純にファイル作成時に拡張子を忘れるケースがあった、とのこと)

3.ワークスペースのルートディレクトリにtsconfig.jsonがあることを確認する。

VSCodeのVeturはワークスペースのルートディレクトリから順に解決するため、

作業ディレクトリ直下にtsconfig.jsonがあるようにすると手っ取り早いです。

例えば、
- ワークスペースにtsconfig.jsonがあるディレクトリを追加する
- プロジェクトをフォルダやワークスペースから開きなおし、tsconfig.jsonがあるディレクトリをルートにする。

以上です。